FC2ブログ

絵本だいすき~♪ かばんうりのガラゴ 

かばんうりのガラゴ かばんうりのガラゴ
島田 ゆか (1997/11)
文溪堂
この商品の詳細を見る


3歳~向け

息子が大好きなバム&ケロシリーズの作者、島田ゆかさんの絵本!
ガラゴシリーズです
バム&ケロにも出てくるキャラクターが、こっちでも登場?!
細かいところまで見てみると、いろんな発見がありますよ(笑)

20060804112410.jpg



内容は
ガラゴは旅するかばんやです。
いつも 右と左 色の違う靴を履いて
てくてく てくてく かばんを うってあるきます

今日、最初のお客さんは、ぶよぶよのこいぬ。
「きょうだいがほしいの」
というので、ガラゴは犬の形のかばんをあげました。
そのかばん、中にはまた犬のカバンが入っていて、そのかばんにも、また犬のかばんが入っています。
満足した犬は、お礼にクレヨンをおいていきます。
ガラゴはそのクレヨンで、旗の文字を書き直します。
すると、また次の客さん・・・
こうして、どんどんガラゴのかばんは売れていきます。
さて、この日は どんなお客さんが、来たのでしょうね・・・



この島田ゆかさんの絵本は、読めば読むほど、味が出る!!
新しい発見がいっぱいです。
絵が細かくて、さりげないところに、何か 潜んでいたりして・・・。
文章だけ読んで、はい終わり、ではないんです。
だから、おもしろい!
何度読んでも、ワクワクドキドキ
シリーズをそろえると、さらに新しい発見が・・・!

もちろん、内容もおもしろい!
出てくるキャラクターが、個性豊かでかわいいし、愛嬌たっぷり。
バムとケロもそうだけど、ガラゴもとってもかわいいでしょ?
右と左、違う色の靴を履いてるんですよ。
しかも、かばんにも足がついていて、右と左違う靴!
横になって休む時は、かばんも靴を脱ぐんです。
おもしろいですよね!

このガラゴのカバンは、とっても不思議なかばん。
なんでも出てくるんです。
みんながほしいと思うものが何でも。
毛の薄いライオンさんには、たてがみのがばん、
こどもたちを連れて歩きたいカエルさんには、水を入れられるピアノの形のかばん、
いつでもお茶が飲みたい ぞうさんには、ティーカップやポットが入った やかんのかばん、
・・・・
ね、すごいでしょ?
ドラえもんの四次元ポケットみたい~≧m≦*


とっても読みやすい文章で、どんどん読めますよ。
子どもにも楽しいし、親も楽しめる絵本だと思います
私は大好き




<島田ゆかさんの絵本>
☆ガラゴシリーズ
かばんうりのガラゴ / 島田 ゆか
うちにかえったガラゴ / 島田 ゆか

☆バム&ケロシリーズ
バムとケロのにちようび / 島田 ゆか
バムとケロのそらのたび / 島田 ゆか
バムとケロのさむいあさ / 島田 ゆか
バムとケロのおかいもの / 島田 ゆか

その他
ぶーちゃんとおにいちゃん / 島田 ゆか







ぽちっと応援お願いします (*^^*)


↓ここもぽちっとお願いします><)ノ
人気blogランキングへ
↑いつもありがと~

絵本だいすき~♪ いつまでもすきでいてくれる? 

いつまでもすきでいてくれる? いつまでもすきでいてくれる?
メリッサ スウィート、マーガレット・P. ブリッジズ 他 (1999/09)
評論社
この商品の詳細を見る

3歳~向け


もしも ぼくが りんごの木になっちゃったら・・・・それでも ママはかわいいと おもう?

そんなぼうやママの限りなく深い愛のお話です・・・


内容は
自転車に乗ってお母さんと家へ帰る途中、ぼうやが言います。
ぼくはいつまでたっても ぼうや なの?
おおきくなっても、ぼくのことかわいい?
りんごの木になっちゃったら?
じてんしゃになっちゃったら?
せっけんになっちゃったら?
・・・・。
それでも、僕のこと、かわいいと思う?
そしたらママはね・・・。





カンガルーのぼうやと 限りなく優しいママの心に染み入るお話です。

カンガルーのママは、ぼうやの疑問に愛情たっぷりな答えを言います。

ぼくがせっけんになっちゃったら?
ぎゅうと つかんであげる。
ぼうやが つるっと にげないように。


のはらのおはなに なっちゃったら?
おはなに かおを うずめて、
おもいきり かおりを かいであげる。


えほんになっちゃったら?
きっとよむのがやめられないわ





とってもやさしいママの愛情が心地いいですね。
愛されている ぼうやは、とっても幸せそう。

母と子、親子 の愛情って とっても温かいですね。


この絵本に関しては、他に言うことはありません。
読んでいるだけで、心温まる、そんな絵本なんです。
親子の愛は永遠です。







ぽちっと応援お願いします (*^^*)


↓ここもぽちっとお願いします><)ノ
人気blogランキングへ
↑いつもありがと~





絵本だいすき~♪ そらまめくんとめだかのこ 

そらまめくんとめだかのこ そらまめくんとめだかのこ
なかや みわ (2000/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る

3~4歳向け


そらまめくんシリーズです
『そらまめくんのベッド』がとっても気に入った息子と私。
本屋で絵本を物色中、『そらまめくんとめだかのこ』を発見パラパラ見てたら、とってもおもしろかったので、買っちゃいました



内容は
しばらく振り続けた雨。
その雨で、いつもそらまめくんたちが遊んでいたところに、水たまりができてしましました。
そこで、ぐりんぴーすの きょうだい が自分のベッドを舟にして遊び始めました!
みんなも真似して、ベッドの舟で遊びます。
そらまめくんは、といえば・・・
「ぼくは あそばない。おおきくて ふわふわの ベッドは ぼくのたからもの!みずに ぬらすなんて いやだよ」
と言って、一緒には遊びませんでした。
だけどあんまり、楽しそうなので、そらまめくんは 頼んで、ピーナツくんのベッドに乗せてもらうことにしました。
ピーナッツくんの舟に、そらまめくんが乗って、ピーナッツくんが少し動かしたとたん・・・・
バランスを崩して、ばっしゃーん!
2人は水の中に落ちてしまいました。
でも、水の中に、ちいさな あわを付けた お花たちを発見!!とってもキレイです。
その中に、めだかの子が迷い込んでいました。

そこで みんなで、川に戻してあげることにしました。
ところが、えだまめくんのベッドも
さやえんどうさんのベッドも
グリンピースのきょうだいのベッドも
ピーナッツくんのベッドも
めだかのこ を運ぶのには、うまくいきません。
「ぼくの ベッドを つかおう!」
そう言ったのはそらまめくんでした。
めだかの子は、そらまめくんのおかげで川に戻ることができました。




とってもやさしいお話ですね。
絵もやわらかくてかわいいです。
なんといっても、キャラクターのみんなが個性豊かでいい
みていて、微笑ましくなりますね


そらまめくんは自分のベッドが大切な大切な宝物。
だけど、めだかちゃんのために、その大切な宝物のベッドを使わせてあげるんです。
えらいなぁぁ、って思いますよね!
あんなに、ベッドをぬらすのを嫌がっていたそらまめくん。
だけど、だれのベッドもめだかちゃんには合わなくて、自分のベッドがやっぱり一番なんだ!と、確信。すぐに気持ちを切り替えられるそらまめくんは、とっても素直でやさしい子ですね。
めだかちゃんを川に戻してあげた時の満足そうな笑顔
見ているこっちまで、嬉しくなります。

最後に、ベッドがぬれたので、みんなで葉っぱの布団で寝るシーンがあります。ここはとってもいいです。
友達っていいなぁ。。


息子がハマった所・・・・
そらまめくんとピーナッツくんが水に落ちるところ。
ピーナツくんがそらまめくんを乗せて、そ~~っと、ベッドの舟をこぎだします。
「わーい、すすめー!」とそらまめくんが叫んだとたん・・・
ばしゃーん

・・・と落っこちる所で爆笑
無邪気なそらまめくんがおかしいですよ(笑)

めだかの子をはこぶところ。
そらまめくんのベッドに水を入れて
エッサ ホイサ、エッサ ホイサ、エッサ ホイサ・・・・
ここで、また爆笑
かけ声がおもしろいですよね(笑)




余談。。。。
この本を読んだ後、息子が言いました。
「ねぇ、ヒロの~、ヒロの~ベッドは こ~~~~~~んなおっきいから(両手を広げて表現)、水いーーーっぱい入れれるよー!」

かわいすぎます・・・っ!(親バカっ)
自分もめだかちゃんを運べるよって言いたかったのかしら?*^m^)ふふ



<なかや みわさんの絵本>
★そらまめくんシリーズ
そらまめくんのベッド / なかや みわ
そらまめくんのぼくのいちにち / なかや みわ

★くれよんのくろくんシリーズ
くれよんのくろくん / なかや みわ
くろくんとふしぎなともだち / なかやみわ

きりかぶのおはなし(3冊セット) (3) / なかや みわ
など・・・







↓甚平の記事もちゃんとアップさせます!まっててね ぽちっと応援お願いします (*^^*)


↓ここもぽちっとお願いします><)ノ
人気blogランキングへ
↑いつもありがと~









余談の余談。。。

お騒がせしていた私の風邪・・・
随分よくなったので、ブログ復活です!!
心配してくれた みなさん、ありがとう!
心から感謝ですm(. .*)m ペコリ

絵本だいすき~♪ チリとチリリ まちのおはなし 

チリとチリリ まちのおはなし チリとチリリ まちのおはなし
どい かや (2005/11)
アリス館
この商品の詳細を見る

2.3~4歳向け



チリチリリ チリチリリ
と軽やかに自転車でおでかけする、ふたりの女の子のシリーズ第3作目
これは、街が舞台となっています。

どこへ何しに行くという目的は特になく、私たちはただ、彼女たちの気ままさに付き合うことになるのですが、これがとっても気持ちがいいんです
前に『うみのおはなし』を紹介したと思います。
彼女たちの不思議な空間に、見てる側は吸い込まれてしまいますよ。
息子は『うみのおはなし』の方が好きなようですが、こっちもおもしろいですね。



内容は
ことりの声がにぎやかな朝、チリとチリリは自転車で出かけることにしました。
街の中の一つのお店に入ります。
キレイな糸屋さんです。
花びら染めの綿の糸。
2人は二つずつ、その糸をかいます。
糸をカバンに入れ、また、走ります。
林を抜けて出てきたのは古い街でした。
2人は。ちょうどオープンした織物屋さんに入ります。
買ってきた糸で、マフラーを編んでもらいました。
とってもキレイなマフラー。ふわっとお花の香りがします。
そして、また、自転車で出かけます。
2人を呼ぶチリチリリ。。。という音。
それにつられて、行ってみた先は・・・・?






私は、このイラスト大好きなんです。
やわらかく、その世界に吸い込まれるようなキレイな絵。
とってもやさしい絵だと思います。
きっと、どの子も気に入るんじゃないかなぁって思います。
『うみのおはなし』の時はブルーが基調の絵でしたが、今回は暖色系オレンジが基調。
街の人動物たち温かさが出ていますね。
この絵本では、その温かさを表現したかったのでしょうね。
最後には赤ちゃんのいる小鳥の夫婦がでてきます。
家族のあたたかさの象徴でしょうか。
カラフルな鳥たちもいっぱいでてきて、とってもきれいです。

りっぱなお屋敷のおばあさんが作ってくれた
「じゃがいもとかぼちゃの2色のスープ」
とってもあったかそうで、おいしそうです!
何回もおかわりしたチリとチリリの気持ちがわかります!
今度作ってみようかなぁ!!(笑)

息子は、はた織りの音がとっても好き。

パッタポン パッタポン・・・・・
パッタポン パッタポン・・・・・


誰が教えたわけでもないのに、はた織りの“押して引いて”の手まねをしながら・・・(笑)
声に出して一緒に読んでくれます。

その息子の様子がとってもかわいくてたまりませんっ!(←親ばか


絵本を読んでいると、必ずありますよね?
子どもも参加して、何か言ったり行動したり・・・
みなさんのお子さんは、どんなことしてくれますか??
とっても、とっても!かわいいですよね!!








ぽちっと応援お願いします (*^^*)


↓ここもぽちっとお願いします><)ノ
人気blogランキングへ
↑いつもありがと~

絵本だいすき~♪ 

クリームパンダとSLマン クリームパンダとSLマン
やなせ たかし (2004/01)
フレーベル館
この商品の詳細を見る

20060719040431.jpg

3歳以上向け


アンパンマンの紙芝居です
普通に家で紙芝居ができますよ!!
もうぼろぼろになってきたけど、娘も息子も大好きです

本屋で、最初にこれを見たとき、わぁ、おもしろそぅ!!と思って買ったもの。
息子が3歳過ぎてから読んであげましたけど、娘もちゃんと、聞いてますね。途中で違う遊びをしていることアリですが・・・(笑)
でも、2人並んで聞いてる姿は、最高にかわいいです



内容は
今日はみんなでキャンプ村に行って、キャンプをしよう!
アンパンマンやジャムおじさんは、先に行ってご馳走をつくって待っています。
みみせんせいとお友達みんなは、SLマンに乗って出発です。

そこへ、ばいきんマンが現れ、トンネルに入ったSLマンたちを、閉じ込めてしまいました。

待っていたアンパンマンたちは、なかなかこないみんなを心配して、様子を見に行きます。

そして、みんながトンネルに閉じ込められているのを発見!
クリームパンダとアンパンマンが力を合わせてばいきんマンをやっつけます。

無事に出てきたみんなは、元気いっぱいで一安心。
みんなでキャンプ村に行きました。
大活躍のクリームパンダちゃんでした。
おしまい




アンパンマンが力が出なくなる、いつものシーンもあますよ(笑)

紙芝居なので、会話が多いです。
だから、声を変えて読まなきゃいけないから大変
最終的には同じような声になってたりします・・・(ーー;)あは

感情を込めて話してると、軽く恥ずかしくなったりするけれど、楽しいですよ
息子は幼稚園でよくやってもらっているので、家でも聞けるのが嬉しいみたいですね。
ちょこんと正座して聞いてます(笑)

絵本とはまた違った楽しさがあって、いい
シリーズでいろいろ出てるので、他のも見てみたいですねっ!


でも、出したり入れたりで、ボロボロになってきちゃった^▽^;
知らないうちにボールペンで落書きもしてあるし~(ーnー;)もぅ








ぽちっと応援お願いします (*^^*)


↓ここもぽちっとお願いします><)ノ
人気blogランキングへ
↑いつもありがと~

絵本だいすき~♪ そらまめくんのベッド 

そらまめくんのベッド そらまめくんのベッド
なかや みわ (1999/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る

3~4歳以上向け

前から、この本がほしぃ!
と思っていた私。。
ようやく買いました
昨日も息子に読んであげましたよ!!
息子もかなり気に入ったようです



内容は
そらまめくんの宝物は、大好きなベッド。
ふわふわしてて、とってもやわらかいこのベッド。

えだまめくんがやってきて
「ぼくもこのベッドでねむらせておくれよ」
と言いますが、そらまめくんはだめだめ、と断ります。
グリンピースのきょうだいがやってきて、
「ぼくらもそのベッドで眠ってみたい」
と言いますが、そらまめくんはまた、だめだめ。
さやえんどうくんがきても、ピーナッツくんが来ても、
そらまめくんは、だめだめ。

そんなある日、そらまめくんのベッドがなくなってしまいます。
寝るところがなくなったそらまめくん。
でも、誰もそらまめくんにベッドを貸してくれる友達はいませんでした。
そらまめくんが誰にも自分のベッドを貸さなかったからです。

そして・・・・





この絵本、前にも紹介した『くろくんとふしぎなともだち』の作者、なかやみわさんの絵本です。
イラストがとってもかわいいですね!
話しの内容もやさしくて、いいお話だと思います。

息子は、そらまめくんがベッドを貸さなかったところでは

「だめだよねぇ~」

と言っていましたが、
そらまめくんがうずらにベッドを貸してあげようと思ったところで、

「だめじゃなかったね~」

と言ってダメと言った自分に反省してました(笑)

私は、息子が何がだめか、ちゃんとわかってるのかな~~と思ったので聞いてみましたよ
「何がだめだった??」

「え?えっとね~えっとね~~、貸してあげなかったの」

↑ちゃんとわかってましたね。そうそう、そらまめくんが大事にしているベッド、貸してあげられたんだよね≧ω≦えらいっ

最後、そらまめくんは、えだまめくんやグリンピースのきょうだい、みんなをベッドに招待することができるのですが。
そこでは息子は

「ちゃんとかしてあげれたねっ」

満足そう~に言っていたのがおかしかったです(笑)



ものを貸したり貸してあげたり。
簡単なことだけれど、とっても勇気のいること、子どもにとっては一大事なこと。
相手を信頼する気持ち、相手を思いやる気持ち、これが重要なんですよね、きっと。

これは自分のなんだもんっ
って独り占めしたくなる気持ちもわかりますけどね!
大人だってそういう時、ありますからっ


息子は、幼稚園で貸したり貸してあげたり、ということをよくよく学んできていて、いつもそこには気をつけているようです。
娘とのやり取りでも、必ず「かして~」と言っているので、見てておもしろいですね。
娘はイマイチわかっていないのか、なかなか貸さないので、息子も必死!
か~し~て~!か~し~~て~~~~!!!!」
と泣きそうな顔で訴えています≧m≦

ようやく娘が貸してくれたときは

「ねぇ、貸してくれたよっ!」

とイチイチ報告に来ます*^m^)

でもさ、息子ちゃん。。
貸してと言うのはいいけど、半分脅しみたいになってないか??
もう少し待ってあげたらどぅ??

子どもの課題は尽きませんね








ぽちっと応援お願いします (*^^*)


↓ここもぽちっとお願いします><)ノ
人気blogランキングへ
↑いつもありがと~