スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本だいすき~☆ ともだちや 

ともだちや ともだちや
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (1998/01)
偕成社
この商品の詳細を見る
4歳~向け


子どもの心をわかりやすく表現した絵本だなぁと思います。

どうやったら友達ってできるの?
友達ができるって、どんな気持ち?

息子はどんな心境で読んでいるのか、気になったりします(笑)

大人は、初心に帰れるのかなぁ。
大人になっても、心からの友達ができるって、いいですよね!


*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

内容は

キツネは ともだちや を 始めることを
思いつきました!

ともだち いちじかん ひゃくえん
にじかん にひゃくえん


お金を頂いて 友達になってあげるのです。

ちょうちんを もって、 
のぼりを たてて

「えー、ともだちやです」

“ともだちや”として最初に呼ばれたのは、クマ。
一緒に苺を食べました。

でも、キツネは 苺なんて食べません。

美味しくもない、苺を おいしいと言いながら食べます。
そして、にひゃくえん いただきました。

次に呼ばれて行ったのは、オオカミのところ。
トランプの相手をします。
何度か勝負をします。
そして、おだいをいただこうと、
キツネは 申し訳なさそうに手をだしました。

ところが、オオカミは激怒!
「おまえは ともだちから かねを とるのか。それが ほんとうの ともだちか」

その後のキツネ。。
わかりますよね?

「えー ともだちは いりませんか。
さびしいひとは いませんか。 
なんじかんでも ただ。
まいにちでも ただです」



*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*


キツネは本当の友達を見つけることができたんですね!
お話の最後
“ともだちや”と書いた のぼりを 捨てて、嬉しそうに駆けていくキツネの顔は最高です!!

この絵本は、キツネの表情がとっても生き生きしてるところがいいなと思います。

クマから おだいを頂いた時の暗い表情。
オオカミと遊んでいる時の楽しい表情。
オオカミに「ほんとうのともだち」と言われたときの表情。


どれも、わかりやすく表現してあって、キツネの気持ちが よく伝わってきます。

友達がいなくて寂しかったキツネだけど、最後に本当の友達を見つけることができて、よかったな~~ってほっとします。

クマとは、嘘をついて一緒にいたから、
本当の友達にはなれなかったんですね。


「ほんとうのともだち」ってどういうこと?
この絵本を読んで、少しでも、それを 理解できたらいいですね。




<ともだちやシリーズ>
ともだちくるかな ともだちくるかな
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (1999/02)
偕成社
この商品の詳細を見る

あしたもともだち あしたもともだち
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (2000/10)
偕成社
この商品の詳細を見る

ごめんねともだち ごめんねともだち
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (2001/03)
偕成社
この商品の詳細を見る

ありがとうともだち ありがとうともだち
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (2003/06)
偕成社
この商品の詳細を見る

あいつもともだち あいつもともだち
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (2004/10)
偕成社
この商品の詳細を見る

など…




ぽちっと応援お願いします (*^^*)


にほんブログ村 子育てブログへ

人気blogランキングへ




*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
【昨夜読んだ絵本】
かお かお どんなかお かお かお どんなかお
柳原 良平 (1988/01)
こぐま社
この商品の詳細を見る

へんしんオバケ へんしんオバケ
あきやま ただし (2006/06)
金の星社
この商品の詳細を見る

もしもしおでんわ / 松谷 みよ子、いわさき ちひろ 他
ケーキがやけたら、ね / ヘレン オクセンバリー

スポンサーサイト

絵本だいすき~☆ まっくろネリノ 

まっくろネリノ まっくろネリノ
ヘルガ=ガルラー、やがわ すみこ 他 (1973/01)
偕成社
この商品の詳細を見る
4~5歳向け


何が大切か、みんなと違うってどういうことか、考えさせられる1冊です。
本当に大切なこと、人それぞれ 個性があって、それでいい!と伝えてくれる絵本です。


*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*
 
内容は
まっくろネリノは まっくろくろ。
にいさん 4にんからは いつも仲間はずれ。

カラフルな色の にいさんたち

ぼくは まっくろだから 遊んでもらえないんだ
かなしいなぁ っておもいます。

そして、
ネリノは きれいな色になりたいと おもいました。

キレイな花たちに ネリノはききます。
「ねえ、どうすれば そんな いろに なれるの?」
でも、キレイな花たちはいいます。
「だって、うまれつき、あかや あおや みどりや きいろだったんですもの。」

そんなら ぼくの まっくろも、うまれつきなのかな?

そんなある日。

にいさんたちが 行方不明に…。

ネリノのまっくろが ここで役に立つのです!!

今では ネリノは ひとりぼっちじゃありません
きょうだい いつでも いっしょ
さみしくなんてないんです


*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*


とっても味わい深い絵本です。
黒をベースとした表紙がとても印象的ですね。
ソフトなパステル画で描かれた絵本
カラフルな花が、惹きつけてくれます。


ネリノは、仲間はずれにされていたんじゃなくて、自分から離れていたのでしょうね。
さみしいって思っていたのは、自分が 兄さん達のように キレイな色じゃないから、 
そうなりたかった。。。

でも、真っ黒にもいいことがある
ネリノは、そのままでいいんだって わかったんです。
だから、寂しくなくなったんですね。


自分に自信を持つって大事なことだなぁって思います。
子どもにもそれを伝えたい。
あなたは、あなたでいいのよって

何が大切かって、
それは
「気持ち」ですよね。

自分はダメなんだって思えば、ダメになる。
自分はすごいんだって思えば、輝ける。


この絵本を通じて、子ども達に その大切な「気持ち」を伝えたいですね。







ぽちっと応援お願いします (*^^*)


にほんブログ村 子育てブログへ

人気blogランキングへ


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
【昨夜読んだ絵本
からすのパンやさん からすのパンやさん
加古 里子 (1973/09)
偕成社
この商品の詳細を見る

ノンタン おしっこしーしー ノンタン おしっこしーしー
大友 幸子 (1987/08)
偕成社
この商品の詳細を見る

あさえとちいさいいもうと あさえとちいさいいもうと
筒井 頼子、林 明子 他 (1982/04)
福音館書店
この商品の詳細を見る

ぴよちゃんのおかあさんどこ? ぴよちゃんのおかあさんどこ?
いりやま さとし (2003/04)
学習研究社
この商品の詳細を見る





<余談(昨日の続き)>
我が家に出た ねずみ
昨日の早朝 1匹捕まえたのですが。
その後、パパが起きた時。。。








「わっ!ココにいる!!」

指差したのは…














台所の流し。
たらいの中に わずかに残った水に
足をとられて
動けない様子。。。


そのまま外にもって行き、
アパートの柵の外へ
ぽいっ


まだ あかちゃん ねずみだったようで、
歩き方がとってもぎこちなかったです。
とりあえず、2匹目も捕獲(?)
あかちゃんだったので、切なくなりました。
ちょっとかわいそうだったけど。。ウチでは飼えませんので…(><;)

で、
今朝、「ネズミ捕り」にいたのも 赤ちゃんだったので、
まだ親ネズミがいるってことですよね!

そこで、いろいろ考えて「ネズミ捕り」はどこにおこう。。。
と…









いました!!!!!!



どこに??











お米の袋の中です…(((( ̄Д ̄;)



明日のお米をしかけておこうとみたら…っっ!!!(((゜Д゜;)いたっ




家族総出で、外に逃がしました…(笑)


お米。。。


どうしよう…






新米なのに…









いいや!
洗って食べちゃえ!!





大丈夫だよね?
だって、昨日も食べたしさ、そのお米。。。(´∀`*):;.・;:.

絵本だいすき~☆ やさいのせなか 

やさいのせなか やさいのせなか
きうち かつ (2005/07/07)
福音館書店
この商品の詳細を見る
4~5歳向け

科学絵本ですね。
動物や植物など、いろいろなことに興味が出てきたら、一緒に読んでみると、いいですよ。
大人も楽しめる絵本です!!



*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

内容は
やさいの うえに かみを のせて
クレヨンで こすると
やさいの せなかが うつります。

せなかが
ごつ ごつ ごつ
なんの やさいかな?

せなかが 
する する ざわ
する する ざわ
なんの やさいかな?

せなかが 
がさ がさ がさ がさ
これは やさいかな?

せなかが 
ぽこ ぽこ ぽこ
なんの やさいかな?




いろんな野菜の背中ががでてきます!!


*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

この絵本4ページにわたって、その野菜を表します。

最初の見開き2ページは→(質問
左側に文(せなかが ごつごつごつ なんの やさいかな?)
右側に絵(クレヨンでこすった野菜の背中)←全部黒色
が描いてあります。

ページをめくって次の見開き2ページには→(回答
左側には、前ページの野菜の背中に、色をつけたもの。
右側には、野菜。


こんな感じで、いろんな野菜の背中がでてきます。
クイズ形式で、とってもおもしろいですよ!!

質問ページの、右側ページ(黒色の野菜の背中のページ)には、実はヒントが隠されています。それは、見てのお楽しみ!ってことで(笑)

息子は、この絵本がとっても大好きで、ケラケラ笑いながら、読んでいます

私:「なんのやさいかな?」
息子:「えっとね~、えっとね~~~~~チラリ(こっそり次のページを見てみる息子)←バレバレだからっ!!

大人でもわからない野菜の背中もあります!!
ページをめくって「え!」と驚くものもあって、親も勉強になる絵本ですよ!!
ヒントを頼りに読み進めるのも楽しいです。


実際に、クレヨンで野菜の背中を描いてみるのも楽しいですよ!!
野菜だけじゃなくて、デコボコのものならなんでも!!
いろいろ試してみると、子どもも喜びます!
我が家では、ハンガーしゃもじのデコボコなどをやってみました(笑)
息子大興奮~~(^m^*)
楽しいです!!!



<野菜シリーズ>
これもおもしろい!!
やさいのおなか やさいのおなか
きうち かつ (1997/01)
福音館書店
この商品の詳細を見る





ぽちっと応援お願いします (*^^*)


にほんブログ村 子育てブログへ

人気blogランキングへ


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
【昨夜読んだ絵本
のせてのせて のせてのせて
松谷 みよ子 (1969/07)
童心社
この商品の詳細を見る

↑昨日は、夜まで、旦那の実家にいたので、子ども達は疲れたみたいです。
娘は
息子も眠そうだったので、これ1冊だけ読みました。




<余談(昨日の続き)>
我が家に出たねずみ

昨夜、早速「ねずみとり」を仕掛けてみました…!!



そして、今朝。。。












いました…!!!!!
ねずみ捕りにかかったねずみちゃん。
冷蔵庫横にしかけた「ねずみ捕り」に。
すっごく小さいねずみちゃんでした…。

あれだけイヤ~~~~~!!
って思ってたけど、その無残な姿に、ちょっぴり悲しくなってしまいました…


ねずみ捕りから、外してあげたけど、粘着物質がとれず、どうしようもない状態。
今はお外にいます。
後で、息子が起きたら、埋葬してあげようと思います。。。。

絵本だいすき~☆ まんまるおつきみ お月さま 

まんまるおつきみお月さま まんまるおつきみお月さま
アン ハンター (1998/11)
評論社
この商品の詳細を見る
4~5歳向け


これは、私が好きな絵本です。
図書館で見つけて、いいな~~って思った絵本
ともだちっていいいな~
たまには、仕事を忘れて、みんなで遊ぶのもいいな~~って感じますよ。


*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*
内容は
冬もちかい ある夕べ
オポッサムは まんまるのお月さまを見ました。
これは、みんなでお月見しなくちゃ!うったって おどって 冬眠前のひとさわぎ!みんなを よんでこよう!

だけど…
ノネズミも
コオロギくんも
アライグマさんも
カエルくんも
ホタルさんも

みんなみんな、冬眠準備でオポッサムのことなんて見向きもしませんでした。

ところが…!
おおきなお月さまが、あたりをひときわ明るく照らした時、
みんなはお月さまを見上げました。
そして、うたったり おどったり したくてたまらなくなりました!

どうしてオポッサムくんの誘いをことわったんだろう?

そして、みんなは、ウサギさんやキリギリス、モグラ…
自分達の おともだちを誘って オポッサムのところへ急ぎます!

みんなそろったところで、お月見をしました。
みんな、とっても楽しそうです。

みんなが帰った後、
オポッサムは、沈みかけた月に感謝をしました。
「おやすみなさい。すてきなパーティをありがとう」


*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*




冬眠の準備で忙しそうだった みんなも、
きれいなお月さまを見て、騒ぎたくなった っていう所が、いいですよね!
たまには、楽しまなきゃ!ですよね!!

そして、さらに、自分達の友達を誘うところがいいですよね!!
みんなで楽しもう!!って思えるなんて、心が温まります。

オポッサムくんも、みんなが来てくれたときは、とっても嬉しかったんだろうな~~

最後は、お月様に感謝。
心やさしいオポッサムくんですね。

みんなが集まったところの絵は、みんなとってもいい表情をしています!!
動物達の目は小さいですが、愛嬌があって、どのコも かわいいんですよ

最後は静かに終わるので、心が安らぐ絵本ですね。
お休み前に読むと いい気持で寝られそう~!







ぽちっと応援お願いします (*^^*)


にほんブログ村 子育てブログへ

人気blogランキングへ


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
【昨夜読んだ絵本
さよならバイキンくん / わらべ きみか
ピン・ポン・バス ピン・ポン・バス
鈴木 まもる、竹下 文子 他 (1996/10)
偕成社
この商品の詳細を見る

パパはウルトラセブン パパはウルトラセブン
円谷プロダクション、円谷プロ= 他 (1999/11)
学習研究社
この商品の詳細を見る

まっくろネリノ まっくろネリノ
ヘルガ=ガルラー、やがわ すみこ 他 (1973/01)
偕成社
この商品の詳細を見る

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

絵本だいすき~☆ 11ぴきのねこ 

11ぴきのねこ 11ぴきのねこ
馬場 のぼる (1967/04)
こぐま社
この商品の詳細を見る
4~6歳向け
No Imageだったので、参考にコレ↓
11ぴきのねこ シリーズ6冊セット 11ぴきのねこ シリーズ6冊セット
馬場 のぼる (1996/02)
こぐま社
この商品の詳細を見る


「11ぴきのねこ」は私の思い出の絵本です。
小さい頃、ホントによーーく読んでいました。
小学生の時も一人で読んだりしていましたよ♪
魚の骨が印象的です(^m^)


内容は…
11ぴきのねこは いつもお腹をすかせていました。
小さな魚を11に分けて食べるけど、もっとおおきな魚が食べたいと思いました。
そこで、じいさんねこに 聞いて、湖で大きな魚を探しました。
いかだに 乗って何日も探しました。

そしてある日、とうとう大きな魚をみつけました!

さて、11ぴきのねこたちは、大きな魚をつかまえられるでしょうか…



この絵本に出てくる“ねんねこさっしゃれ”のうた。
うた自体は、出てこないけれど、気になるフレーズです。
子どものときも、ねんねこさっしゃれって??と思っていました(笑)

でも、子どもの時は、この絵本、もっと大きな絵本だったような気がします。大人になって読んでみると、以外に大きくなかったので、驚きました(笑)

そして、子ども心に
大きな魚、おいしそうだなーーなんて思っていました。
最後の方で、魚の骨が出てくるんですけど、そこが一番印象的でした!!

子どもの想像力って絵本の世界を通して、ちゃんと広い湖を 頭で考えられるんですよね。
私の記憶では、この11ぴきのねこは、本当に広い湖を 悠々といかだに乗って魚を探していた・・・そんな覚えがあります。

やっぱり絵本っていいです!!

私、
このキャラクターが大好きで、大学時代にぬいぐるみを買いました
今は売っていないのかな~~??
かわいかったんだけどな







ぽちっと応援お願いします (*^^*)


にほんブログ村 子育てブログへ

人気blogランキングへ

初回訪問者様、最後まで見てくれてありがとうございます!!
また来てねっ

絵本だいすき♪ 

おしいれのぼうけん おしいれのぼうけん
古田 足日、田畑 精一 他 (1974/11)
童心社
この商品の詳細を見る




これはちょっと文がながいですね~
さし絵も少ないんですけど
でも、息子が大好きなんですよね


絵も比較的少ないので、幼稚園生向けなんだけど、
どきどきハラハラ
自分も冒険しているみたいな感覚になれます!
息子にはちょっと早いかなぁなんて思っていたけど、絵本好きな子なので幼稚園に入る前(3歳半くらい)から読んでます。
でも、これは親泣かせな本。。。><。
文がと~~っても長いので、いつも眠たくなるんですよね・・・


「ママっ、読んで~」
「ねぇ!」

っていつも言われながら読んでます・・・
ダメなんですよね~
すぐ眠くなっちゃう~・・・^^;
寝かせるつもりが、自分が先に寝てますから~


前にあまりにも眠くて、無意識に
だいこんほうれんそう・・・」
って言ってました(笑)
ホントは
「だいぼうけん」
なんですけどね・・・あはは~
もちろん、息子は大爆笑です。。。
う~ん、ママは必死だったんだけどな~
自分でも笑っちゃったけど(笑)






内容は・・・
保育園でのお話。
さくら保育園にはこわいものが ふたつ あって。
ひとつはおしいれ
もうひとつはねずみばあさん


さわいだりして言うことを聞かない子がいると、みずの先生がそのこを押入れに入れるんです。
押入れは真っ暗でみんなそこに入れられるのが怖いのです。
ねずみばあさんは、人形劇にでてくるこわいばあさんです。

そして、お昼寝の時間にさわいで怒られた2人が押入れに入れられるのですが、そこから2人の冒険が始まるのです。
みんなが見守る中、2人はどんな冒険をするのでしょう・・・。
冒険をしてみんなはどう変化していくのでしょう。




怖いものに負けないで立ち向かっていく二人はとても勇敢で、冒険をした後の2人とクラスのみんなの成長ぶりがすごいなぁと思いました。
冒険もドキドキするし、次は何が起きるんだろうって期待もあり、子どもも楽しめる絵本だと思います。


こどもってこうやって成長していくのかなぁって思いました。



4~5歳向け

















ぽちっと応援お願いします(*^^*)

↑ありがと~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。