スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本だいすき~♪ はだかのおうさま 

はだかのおうさま はだかのおうさま
いもと ようこ (2001/04)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

1~3歳向け



名作絵本第2弾です
このお話、私は子ども心に、かなりはずかしぃぃ><;
と感じた絵本ですね。
何で王様も城のほかの人もわからないのぉ??
と一人、ムズムズしてましたね(笑)



内容は
ある国の王様はとってもオシャレが大好きです。
「もっと かわった 服が着たい・・・」
そう思っていたある日、2人の男が現れてこう言います。
「私どもの作る服は 王様のような賢いお方に見えて、愚か者には見えない不思議な洋服でございます」
王様は喜んで、その服を作ってもらうことにしました。
しかし出来上がった服は、お城の大臣はおろか、王様自身も見えない服。
しかし、自分が愚か者に思われたくないみんなは、だれもその服が見えないとは言いませんでした。
そして、その服を着て街を歩いた王様。
街の人もみんな自分が愚か者だと思われたくないので、口々に嘘をいいます。
「すばらしい!すばらしい!!」と・・・
その時一人の男の子に
「王様ははだかだーー!」
と言われるのです。
そこでみんな、はじめて騙されたことに気づくのです。
おしまい。





子どもは正直ですよね(笑)
これを見ると大人って・・・・(ーー;) バカだわ

大人になって読んでみると、結構深い内容っていうことに気づかされますよね。
嘘をつくってどういうこと、とか
自分がばかにされたくないから つく嘘ってどうなんだろう、とか
いろいろ考えさせられますね。
子どもの時は、この王様は何やってんだろ~~
みんななんでちゃんと言わないのぉ~~?
ってくらいしか思わなかったけど

この、いもとようこさん名作絵本シリーズは、文章も簡潔で、絵もほんわかしてかわいいですね。小さい子向けだと思いますよ。
本自体も厚紙を使用しているので、破れたり手が切れたりという心配もありません。

息子(3歳)も喜んで聞いてくれます。

名作絵本は、やっぱりおもしろいですね♪
年齢によっても、その感じ方って違うから、ず~と持っていたい絵本ですね










ぽちっと応援お願いします (*^^*)


↓ここもぽちっとお願いします><)ノ
人気blogランキングへ
↑いつもありがと~
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kosodatemamatohutari.blog64.fc2.com/tb.php/105-b050cd94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。