スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本だいすき♪ 

おしいれのぼうけん おしいれのぼうけん
古田 足日、田畑 精一 他 (1974/11)
童心社
この商品の詳細を見る




これはちょっと文がながいですね~
さし絵も少ないんですけど
でも、息子が大好きなんですよね


絵も比較的少ないので、幼稚園生向けなんだけど、
どきどきハラハラ
自分も冒険しているみたいな感覚になれます!
息子にはちょっと早いかなぁなんて思っていたけど、絵本好きな子なので幼稚園に入る前(3歳半くらい)から読んでます。
でも、これは親泣かせな本。。。><。
文がと~~っても長いので、いつも眠たくなるんですよね・・・


「ママっ、読んで~」
「ねぇ!」

っていつも言われながら読んでます・・・
ダメなんですよね~
すぐ眠くなっちゃう~・・・^^;
寝かせるつもりが、自分が先に寝てますから~


前にあまりにも眠くて、無意識に
だいこんほうれんそう・・・」
って言ってました(笑)
ホントは
「だいぼうけん」
なんですけどね・・・あはは~
もちろん、息子は大爆笑です。。。
う~ん、ママは必死だったんだけどな~
自分でも笑っちゃったけど(笑)






内容は・・・
保育園でのお話。
さくら保育園にはこわいものが ふたつ あって。
ひとつはおしいれ
もうひとつはねずみばあさん


さわいだりして言うことを聞かない子がいると、みずの先生がそのこを押入れに入れるんです。
押入れは真っ暗でみんなそこに入れられるのが怖いのです。
ねずみばあさんは、人形劇にでてくるこわいばあさんです。

そして、お昼寝の時間にさわいで怒られた2人が押入れに入れられるのですが、そこから2人の冒険が始まるのです。
みんなが見守る中、2人はどんな冒険をするのでしょう・・・。
冒険をしてみんなはどう変化していくのでしょう。




怖いものに負けないで立ち向かっていく二人はとても勇敢で、冒険をした後の2人とクラスのみんなの成長ぶりがすごいなぁと思いました。
冒険もドキドキするし、次は何が起きるんだろうって期待もあり、子どもも楽しめる絵本だと思います。


こどもってこうやって成長していくのかなぁって思いました。



4~5歳向け

















ぽちっと応援お願いします(*^^*)

↑ありがと~
スポンサーサイト

Comments

この絵本は知らなかった。
でも、とっても楽しそう。
押入れって子供はなんでか好きですよね。
ドラえもんが妙にうらやましかったり。

「だいぼうけん」を「だいこんほうれんそう」とは,おもしろい!のでポチ(^o^)☆

はじめまして(^-^)
息子、今高1だんだけどとってもなつかしいわ!!保育園の時公文のすすめでいっぱい絵本読んでました。
今も大切に本箱にあるよ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kosodatemamatohutari.blog64.fc2.com/tb.php/35-4cc223fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。