スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本だいすき~♪ ぐるんぱのようちえん 

ぐるんぱのようちえん ぐるんぱのようちえん
西内 ミナミ、堀内 誠一 他 (1966/12)
福音館書店
この商品の詳細を見る

3~4歳向け


かわいくておおきな ぞうの ぐるんぱの絵本。
とってもいい絵本だと思います。
最近の息子のお気に入り





内容は
とってもおおきな ぞうのぐるんぱ。
汚くていつも一人ぼっちのぐるんぱ。
寂しくて涙がポロリ。

そこで、仲間の像たちは、ぐるんぱをきれいにして、働きに出すことに。
きれいになった ぐるんぱは、元気に出かけます。
最初に行ったのはビスケット屋の びーさんところ。
でも、はりきりすぎて、一生懸命作った、おおきなおおきなビスケット。。。誰も買ってはくれません。
ぐるんぱはしょんぼり

次に行ったのは、お皿つくりの さーさんところ。
でも、はりきりすぎて、一生懸命作った、おおきなおおきなお皿。。。誰も使ってはくれません。
ぐるんぱはしょんぼり しょんぼり
そして、次に行ったのは・・・・

行く所、行く所で、おおきくて使えないものばかり作ってしまう ぐるんぱ。
ダメな物の数だけ しょんぼりは増えていく。
でも、そんなぐるんぱにもひとつの希望が。。
ぐるんぱの作った、おおきなおおきなビスケットやお皿たち。
子どもたちの前では、それはとってもとってもステキなものに変わるのです。




 

子どもにとっては大きなものって、とっても魅力的
だって、大きすぎて使えないお皿、それはミルクや食べ物を入れるものだという先入観がないから。
大きくて誰も履けない靴、それは足に履くものだという先入観がないから。

ぐるんぱは子どもたちの前では寂しくないんです
だって、みんなぐるんぱが大好きだから
大きな大きなお皿や靴、ビスケット。。。
子どもたちの前では何に変わるのか、そこが どきどきわくわくですね




子どもの想像力や思考力もつくし、ぐるんぱのがんばりや、それをちゃんと認めてくれるところがあったという喜びを感じられる。
いろいろなことを感じ取れる、とってもいい絵本じゃないかなぁ。


息子は、ぐるんぱが頭の上に 大きな大きなお皿やビスケットを乗せていくところが気になったのか

「ねぇ、ママー。これ、おちないかな~~?」

と心配していました(笑)

「ぐるんぱ、すごいねー」
と私が言ったら

「うん!」

と嬉しそうにうなずいていましたよ








ぽちっと応援お願いします (*^^*)


↓ここもぽちっとお願いします><)ノ
人気blogランキングへ
↑いつもありがと~

スポンサーサイト

Comments

この絵本好きだよん♪

息子ちゃん、かわいいね。
たしかに頭に載せてるところはうちの息子も「おちるでしょう!」といってます。

最後のおさらのプール、私もはいってみたいなぁ。

持ってるよぉ~

この本は、かわいいよねぇ~
大好きです。

あきちゃん、リンクさせてもらってもいいかしらん?

うっちゃんへ

おさらのプール、いいよねぇぇ!
そんなかわいいプールがあったら、すっごく楽しそう♪

昨日も2人に、この絵本を読んであげました^^
息子のおすすめ絵本ですね〃^m^)

よーこちゃんへ

持ってるのねっ!!
うんうん、ウチも大好きよ~v-238
かわいいだけじゃなく、いろいろ考えさせられる絵本。
深い意味のある絵本ですよね。
だから味がある、いい絵本。


もちろん!!リンク、OK!ですよ~~~^0^)ノ”
うれしいぃぃ><)9
ありがとう☆(*^-^*)v

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kosodatemamatohutari.blog64.fc2.com/tb.php/91-d2ad053b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。